ウォーターサーバー導入を検討する前に

ウォーターサーバーを利用する水宅配市場は右肩上がりになっており、飽和状態になっているミネラルウォーター市場の中で占める割合が増加してきています。

それだけウォーターサーバーのメリットが認知されてきたということですが、一番の理由にあげられるのは運搬の手間でしょう。



スーパーでペットボトルの水を買って持って帰るとすれば非常に重くてかさばりますし、人数の多い家族なら一度に多くの量が必要になりますが、宅配なら12リットル入りボトルを自宅まで運んでくれます。
サーバーはお湯も出るようになっており、お湯を沸かす手間が省け、赤ちゃんのいる家庭ではすぐにミルクが作れます。


おいしさや安全性でもメーカーが競い合って向上しており、さらに水不足対策にもなります。

しかしながら、まだまだ導入を躊躇する人も多いのは事実です。
まず電気代についてですが、以前はサーバーを使うと月平均1000円はかかると言われていました。

今もそのくらいかかるメーカーもある反面、300円台まで押さえたものも出てきています。

もう一つ悩むのがウォーターサーバーの置き場所で、どのメーカーも縦横30センチ以上は必要ですし、高さも70~120センチです。


また最低の宅配単位が決まっており普通は2本で24リットルなのですが、賞味期限を考えると少人数では使い切れないことがあります。



トータルコストで考えると市販の2リットルペットボトルのほうが安い場合が多いのですが、個人によって飲料水に対するニーズは違うので、メリットとデメリットを考えながらウォーターサーバーを検討すべきです。

NAVERまとめの情報ならお任せください。